資産運用による投資は老後資金を作れるの?

老後における資産運用の必要性

よく老後に必要なお金についての議論が行われます。人によっては意見は様々ですが、3,000万円が必要という意見から1億円は必要だ、というものまで幅広くあります。しかし本当に重要なことは金額ではありません。老後であっても貯金以外の収入源を確保することが大切なのです。とは言っても老後も仕事を続けるのはあまり現実的ではありません。そこで注目されているのが資産運用です。現役時代に貯めたお金を使って資産運用を行い、老後であっても収入を得ることが大切です。あくまでも資産運用で老後の資金を作るのではありません。資産運用を行いながら老後であっても収入を得ることが大切なのです。またいきなり資産運用をしても成功することは難しいため、早い段階で資産運用の知識を得ることが大切です。

オススメの資産運用の仕方

もしまだ現役である場合には退職するまでの間に出来る限り資産運用の知識を身に付けましょう。初心者向けの投資としてはNISAがオススメです。NISAは株式投資の口座の1種なのですが、NISAを利用することで税金が優遇されるというメリットがあります。少額投資向けの口座であるため初心者にはオススメです。またもし資産運用にどうしても自信がない場合や既に退職している場合にはファンドラップがオススメです。ファンドラップとはお金のプロが資産運用のアドバイスを行ってくれるサービスです。自分に合った資産運用の種類や具体的な方法まで幅広いアドバイスが受けられます。また資産運用をプロに委託することも出来るため安全性の高い資産運用が行えます。